飲み好きな友人Bとアルコール依存症の私

Bと私は大学時代からの付き合い。

大学時代には最もよく飲んだ友人だ。

アルコール依存症になった私は、今でもBを飲みに誘うことができる。

Bと私の出会い

Bとは同じクラスで、大学時代のクラスの飲み会で一緒になった。

当時の私は、人よりも酒が飲めることが自慢だった。

誰かに酒を強要したり一気飲みすることに楽しみは感じないが、酒が強いことには自信を持ち、勝手にガブガブ飲む自分が破天荒でカッコいいと思っていた。

同席していたBは、酔い始めると仲の良い友達を煽り、一気飲み対決を始めたりするようなヤツだった。

そのとき席が近いこともあって、そのノリはまだ話したことがない私にも飛び火した。

「テン、酒強いな!飲もや!」

関西弁の彼は「生2つ!」と、私からの承諾もないままに、良く通る声でオーダーした。

来たな。ならば返り討ちにしてやろう

私はそんな心持ちで誘われた対決に乗った。

結果、二人で大いに酔っ払った。

その後、Bと私は二人でワイワイ飲む関係になった。

Bは私を煽り、私もそんなBを煽り、愉快に飲んだくれていた

Bと私の共通点

Bと私は共通点が非常に多い。

飲みの場においては、二人ともあまり食べない。

注文は酒と枝豆とポテトサラダくらい。

こういうのは良くないらしいが、酒を飲んでいるときに食べたい気持ちにならない

他の共通点はというと、酒は好きだが、その種類や味に強いこだわりがないところ。

アルコールが含まれていれば何でも飲む。

おそらく酔えればそれで良かったのだろう。

あと、基本的に不真面目だが、(酒以外の点においては)ギリギリでビビって何とかするところ。

留年しそうな気配もあったが、二人共どうにかして進級した。

将来のことはあまり真剣に考えていなかったが、就職活動の際は学業をほっぽりだして、しっかり企業対策して、お互い満足のいく就職を果たした。

金銭感覚も近かった。

よくパチンコやスロットに一緒に行ったものだ。

飲みにおいては、お互い頻繁に記憶をなくし、翌日に「2軒目、何にも覚えてない!」「なぜ財布から万札が消えてる?」「ボッタクられた?!」などといってよく盛り上がっていた。

Bと私の異なる点

お互いに大学を卒業して社会人になったが、Bとはしばしば会い、飲みに行った。

煽りながら飲むようなことはしなくなったが、やはり二人揃うと酒が進む

しかし、大学時代とは異なる点があった。

私だけが潰れるようになっていた。

私は飲んでいる途中に眠ってしまい、その後なかなか起きなかったり、グラスを割るなどの粗相をしてしまう。

「弱くなったなー」などと言ってBは私を笑い、私も「ごめんなー」といって笑っていた。

私だけが酒に弱くなったのだろうか。

いや、それは違った。

Bと私の飲み方は、徐々に変化していた。

社会人になったBは、酔いを感じるとセーブする飲み方になった。

一方私は、酔いを感じるとより一層加速する飲み方になっていた。

結局、私だけがアルコール依存症になった

実際には、Bがアルコール依存症でないことに確信があるわけではないが、おそらく違うと思っている。

社会人になってからのBと私では、失敗の数が明らかに違う。

会社の遅刻だけとっても、きっと私の遅刻の方がBのそれよりも10倍以上多いだろう。

いつまでもBと楽しくワイワイ飲んでいたかったが、アルコール依存症を発病した私は、そうするわけにはいかなくなった。

飲まないけど飲みに行こう

アルコール依存症と診断された私は断酒を始めたが、「おれは飲まないけど飲みに行こう」と、Bに対しては気兼ねなく誘うことができた。

アルコール依存症発病後に距離ができてしまった友人は多いが、Bとは変わらず飲み友達だ。

その理由は明確にはわからないが、きっと酒以外の部分でも、私はBに対して魅力を感じていたのだろう。

私がジンジャエールをオーダーすると「つまらんなー」と言われてしまうが、私は「うるせーよ」と軽く返すことができる。

もう大学時代のように私は好き勝手に飲むことはできないが、Bとの飲みは私にとって大切な時間だ。

2 COMMENTS

羅門hg

お疲れ様です。自分は大きなスリップに何度かつながったので、もう飲むことも、飲み会に行くこともないですが、良い関係で入れる友人は大切ですね。
応援してます。ありがとうございます。

返信する
タチバナテン

いつも応援いただきましてありがとうございます。
私の場合はアルコール依存症患者として飲み会に行くように心がけています。
それでも距離ができてしまった友人はたくさんいます。

返信する

羅門hg へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です