減酒の自分ルール

減酒通り上ル

このルールは、家族や病院の先生と相談しながら自分で作成した私タチバナテン「オリジナル」の減酒のルールです。

※アルコール依存症を自力で治療するのは危険ですし、完全なる自己流は良くありません。自分ルールは必ず専門家の意見を聞きながら設定してください。

このルールは2019年11月18日時点のもので、減酒との向き合い方が変わると、それに伴い変更する可能性があります。

減酒の自分ルール

  • 1日の飲酒量は純アルコール量で上限40gとすること
  • アプリ「減酒にっき」で飲酒量を毎日記録すること
  • 減酒外来は2週間に1度の頻度で受診すること
  • セリンクロを常備して、飲み会前に服用すること
  • 当日飲み会に行くことを家族と共有すること

上記に加えて努力目標として、このサイトとTwitterの更新をできる限り行うこと。

酒vs.自分

1日単位で、飲酒した際の純アルコール量で自分と酒との勝敗をつける。

月末もしくは月初めに、月ごとの勝敗をまとめる。

勝ち:純アルコール量が0(飲んでいない)
負け:純アルコール量が41g~(飲みすぎ)
引き分け:純アルコール量が1g~40g(決められた範囲内で飲んだ)

以上。

2 COMMENTS

羅門hg へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です