プライド

自分はプライドが非常に高い人間だと思います。

それが色々な場面で自分自身を苦しめる原因にもなっているし、アルコール依存症になった一因でもあると思います。

負けず嫌い

昔から、誰かに「負ける」ことが大嫌いでした。

例えば、小さい頃は、通知表(通信簿)の「よくできました」の数50m走のタイムが自分にとっての重大な尺度でした。

通知表においては「よくできました」「できた」「がんばろう」の三択で成績を評価されましたが、よく友人同士で見比べていました。

そのときに「誰にも負けたくない」という気持ちがあったのを覚えています。

特に「よくできました」の数が重要です。

これをできるだけ多く取ることが目標でした。

「よくできました」は失点0。

そうでなければ負けてしまう可能性が出てきます。

最強の「よくできました」を取れるように、小学校時代は先生の言うことを良く聞きましたが、それは中学・高校と進学するにつれて、もはやどうでも良くなってきます

誰かに認められたいとか、誰かに勝ちたいというのは、動機として不十分だと、今では感じています。

結局、自分で納得できるかどうかが全てだと思います。

50m走のタイムも、小さい頃は周りとの重大な比較ポイントでした。

社会人となった今では、速く走れることにどれだけの意味があるのかわかりませんが、当時は確実に重要な尺度として認識していました。

競争社会

受験、就職、出世。

何もかもが比較され、あるルールの中で有能な人が評価されます。

趣味においても、結果的に競争に至ることはあるでしょう。

おそらく、今に始まったことではないと思います。

昔から競争に勝る=優秀な人は評価されて、次の世代を導く役割を担っていたでしょう。

その上で、自分が競いたいなら競えばいいし、興味がないならば競争から離脱すればいいと思います。

勝ち目のない領域であれば、逃げるのが得策。

冷静に自分を客観視して勝ち負けを事前に判断できること自体が「賢い」ことだと思います。

酒で勝ちたかった自分

さて、酒についても、私は周りに勝ちたいと思っていました。

大学時代~社会人でアルコール依存症になるまでは、自分は酒では誰にも負けないし、負けたくないと思っていました。

もちろん、負けることもありました。

世の中には、本当に強い人っているもんです。

でも、そういう人に「一緒に飲みましょう!」と挑んではぶっ潰れる自分も、何か素敵な気がしていました。

その挑戦は、ネタとしては面白いと思いますが、結果としてアルコール依存症を招いたことを考えると、バカだったなぁと思います。

酒に強い先輩

今日、昔良く飲み競っていた先輩と夕飯を共にしました。

その先輩はよく食べ、よく飲む人。

でも、もはや競い合うことはありません。

私も少しは成長したのでしょうか。

その先輩とは酒関連で色々ありました。

また別の記事で書きたいと思います。

今日は酒ゼロで過ごせました。

「よくできました」という自己評価です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です