アルコール依存症になる前にできる対策とは【後編】

テンです。今日は酒ゼロでした。

「アルコール依存症になる前にできる対策とは」の後編です。

前編はこちらです↓↓

アルコール依存症になる前にできる対策とは【前編】

少し危険な飲酒は「危険フラグ」

前編では私の飲酒遍歴を紹介しました。

STEP2の「普通の飲酒」は問題ありません。これが続けられればアルコール問題に悩む必要はありません。

その次のSTEP3「少し危険な飲酒」をしていた時期がポイントだと思います。

具体例として「モノを落とす」ということを挙げましたが、「思うように身体を動かせていない」ということは「アルコールに身体が支配されている」と解釈できると思います。

この時点で飲みすぎです。

なぜ飲みすぎるのか

お酒を飲める人は、飲むと楽しいと思います。それから、酔い始めは気持ち良い。

そうすると、もっと飲みたくなります。そうなるための信号をが出します。

酒ではなくて、依存していない別のものを例にして考えてみます。

例えば私は、本や漫画やゲームが好きですが、それらに対して依存はしていないと思います。

漫画を一気読みしているとき、または、ゲームをやりすぎたとき、「楽しいけどダメだ、やめよう」となります。自制できます。

これが依存していない状態だと思います。

私は酒を飲むと止まらなくなる。「楽しいけどダメだ、やめよう」と思えない。飲み続ける。

一方で、飲んでいないシラフときは、その行動が良くないと認識できています。

つまり、飲みすぎは良くない行動で、その行動を取り続けることは自己破壊的自暴自棄です。

ではなぜ自暴自棄になるのか。

心の穴を埋めるために酒にすがると聞いたことがありますが、その穴の正体を掴めると、何か対策が打てそうです。

私は、穴の正体は「現実」なのではないかと思いました。

自暴自棄になり自己破壊的な行動を取ること、それは現実逃避ではないでしょうか。

現実から逃げないこと

私が至った現時点での「アルコール依存症になる前にできる対策」としての結論は、「現実から逃げずに、現実と向き合う」ことです。

思い返すと、「少し危険な飲酒」をしていた時期は、日常生活で「自分は何やってるんだろう」と悩んでいた時期でした。

大学にはほとんど行けていませんでした。代わりにパチンコ屋に通い、お金と単位を同時に無くしていました。

高校でやっていた部活動を大学でも続けようと思っていましたが、それも中途半端にやめてしまいました。

アルバイトもほとんどせず、親の仕送りで遊んで暮らしていました。

そして夜はどこかで誰かと酒を飲んでいました。

そんな風になりたいわけではなかった。でも、いつも本当はやらなくてはならないこと、つまり現実から目をそらしていました。

毎日がんばって大学に行けばよかった。部活動を続けていればよかった。もっとアルバイトしたらよかった。

そうすれば、心の穴が埋まって、酒にすがるようなことがなかったのかもしれません。普通の飲酒で止められていたかもしれません。

後悔していても仕方がないので、これからは自分の現実ととことん向き合っていきたいと思います。今を真剣に生きよう。

5 COMMENTS

タチバナテン

「酒をやめる」ということ自体を目的にしないことが、ひとつのポイントかなと思いました。
お互いがんばりましょう!

返信する
之猿

毎日楽しみに読ませていただいてます。
「ノードリンク!」と言うのが、実は断酒の初めの一歩かもしれませんね。

返信する
タチバナテン

本日の記事もお読みいただきましてありがとうございます。
おっしゃる通り…
「ノードリンク!」は自分にとっては勇気のいる発言ですが、
それを堂々と言えるようになりたいと思っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です